レース見解

2014年皐月賞の上位人気馬診断

トゥザワールド
川田騎手が色々な競馬を試しながら血統馬らしく成長してきた馬。前走はワンアンドオンリーと接戦も3着以下は離しており弥生賞組の中では能力上位。ただ、今年はレベルが高い馬が全体的に多い割に人気しそうなので妙味という点は微妙。

トーセンスターダム
こちらもディープインパクト産駒らしく使われながら課題をクリアして徐々に成長してきた馬。但し、レベルの高いメンバーでの多頭数競馬が初めてで不安要素は多い。能力認めるが過剰人気しそうなイメージなので重い印を打ちづらい。

ワンアンドオンリー
前走が思ったよりも強い競馬。但し、トゥザワールドはかなりロスのある競馬をしていたのと、他の馬が伸びなかったのも事実。過剰評価は禁物。

イスラボニータ
センス高い馬で上手く立ち回って好走しそうなイメージだが、センスが良すぎてスケール感があまりなくG1になってどうかという心配がある。とはいえ、好走率高そうな馬で印は確実に打ちたい。

ロサギガンティア
デムーロ騎手からの乗り替わりで人気を落としそうだが前走はかなり強い競馬。出世が遅れたのは騎乗ミスな部分もあったし、人気と実力を天秤にかけたとき最もパフォーマンスが良さそうなのはこの馬。

アジアエクスプレス
エンジンの掛かりが遅い馬でやはりダートの方が向きそう。但し、潜在能力はかなり高い馬で戸崎騎手が2回目の騎乗で持ち味を出せればチャンスはありそう。


ということで上位人気馬は血統などからやや過剰人気気味になりそうで、中位人気馬の方が面白そう。

 

大穴候補馬第二弾 ⇒ 人気ブログランキングへ

好走内勝率低く単勝では狙わない馬だが総合力はかなり高い。

前走も早めに勝ちに行っての3着で上位2頭ともヒケは取らない。

にも関わらずこの人気なら狙うべきだろう。

 

最近の記事

  1. 天皇賞(秋)(2018年)登録馬・過去データ・レース傾向
  2. 富士ステークス(2018年)登録馬・過去データ・レース傾向
  3. 秋華賞(2018年)単撃予想付き出馬表
  4. 菊花賞(2018年)登録馬・過去データ・レース傾向
  5. アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(2018年)登録馬…

アーカイブ

PAGE TOP